粟野義徳さんはコーヒーが大好き。最近はコンビニでも。

缶コーヒーが大好きな粟野義徳さんの最近の話。
彼のコーヒー好きは昔からのようです。
小学生の頃からインスタントコーヒーを飲んでいたらしく今でも仕事中は缶コーヒー、
家に帰ってはコーヒーをドリップしているという話です。

日本で人気のブルーマウンテンというコーヒーは、日本とイギリスがほとんど輸入しているそうです。
さらに、国内でアメリカンコーヒーといわれているのは、薄めたコーヒー
という認識の人が多いですが、粟野義徳さんもその一人です。

実際にアメリカでは、浅煎りの豆をドリップ式で薄めに入れたものです。
浅煎りのため、苦味よりも酸味が強い味わいとなります。
ブラックコーヒーでよく飲まれており、好まれています。

コーヒーは、豆の煎り具合により、酸味と苦味などを調整したり、自分の好みの味を探すことができます。
煎り具合を調整した豆をいろいろ混ぜて好みの味を生み出すのがブレンドコーヒーなどになります。
喫茶店ごとにも味が違うので好みの味を見つけるのも楽しいかも知れません。

粟野義徳さんは、仕事の合間にカフェでテイクアウトでコーヒーを飲んだり、
最近ではコンビニでも手軽においしいコーヒーが飲めるので、いろいろ楽しんでいるようです。